​伊豆下田白浜大浜海水浴場・

白浜神社

伊豆下田白浜海水浴場は伊豆で一番大きな海水浴場です。春夏秋冬いつ見ても綺麗な海です。

どこから見てもこの美しさ!白い砂浜とコバルトブルーの海が皆様をお待ちしています。


白浜大浜海水浴場は、サーフィンやボディーボード・ウィンドサーフィンや、最近ではスタンドアップパドルボードを楽しむ方でいつも賑わっています。天気が良い日には、向こう岸に大島をくっきりと見ることができます。

 

7月・8月・9月は1年で一番賑わう海水浴シーズン。1日で2万人近くの遊泳客がいらっしゃいます。公私ともに認める最大の!最高のビーチです。

 

7月には、海の祭典・花火大会が開催されます。伊豆白浜を代表する豆州白浜太鼓の圧巻の演奏もお楽しみ頂けます。

海に投げ込む「海中花火」はほかでは見られない!必見です。(詳しくは白浜観光協会HP

白浜神社は伊豆最古の神社です。恋愛の神様もいることから、結婚式も執り行われます。

歌手の西城秀樹さんも、こちらの白浜神社で結婚式をされました。

​年末年始には、初詣にも多くの参拝者が訪れます。

Sponsored Links

 

伊豆下田白浜海水浴場情報

伊豆白浜には3つの海岸があります。

上から「板戸海岸」「中央海岸」「大浜海岸」となります。

ケーズルームから一番近い海岸が、一番大きな(よくテレビで出る)「伊豆白浜大浜海岸」となります。

伊豆最大のビーチ!そして海水浴の来誘客も毎年ダントツ1番です!

 

人気の理由は、写真でご覧頂いてわかるようになんといってもこの美しさ。

静岡県の海水浴場水質調査結果では、毎年水質が極めて良好なAAで、放射性物質も不検出です!

下田市内の全ての海水浴場が水質AA

 

白浜海岸は伊豆半島ジオサイトとして登録もされています。

どうしてここの砂浜はこんなに白いのでしょう?というご質問がありますが、伊豆半島は昔は海底火山だったとされています。その海底火山時代に降り積もった白い火山岩や火山灰・サンゴの砂が波に削られて白い砂浜になったという事です。

 

海岸を取り囲む白い崖を見てみると、貝殻などの化石も見ることができます。

 

《大浜海岸》

《中央海岸》

《板戸海岸》

海水浴場として利用できる期間は、7月の中旬~8月末まで。

と言いましても、海は1年中入れます。

 

大きく何が違うの?と言えば、海水浴場として開いている期間は、ライフセーバーの方達が海を監視して皆さんの安全を守ってくれています。

 

毎朝海の状況を見て、今日はここの辺りの潮の流れが早いので、ここには入らないようにと遊泳エリアを決めてくれたり、万が一沖に流されてしまっている人がいないか、随時監視体制をとっています。

 

海に遊びに行く際、ちょうど真ん中あたりに旗が掲げられています。

黄色い旗が出ているときは「遊泳注意

赤い旗が出ているときは「遊泳禁止」です。

 

海水浴場の入口には、今日の注意等が書いてありますので、確認をお願いします。

 

また、ビーチには海の家はありませんが、海の目の前にセブンイレブンとファミリーマートがございます。海岸の入口近辺には、サマーベッドやパラソルなどのレンタルもございます。パラソルは頼むと穴を掘って立ててくれます。帰りはそのまま置いて帰れます。

 

地元の自治体で行っているレンタルは、価格も固定で安心です。「原田区」と書かれた青い帽子をかぶったおじさんたちを探してください。

※近年、違法業者も海水浴場に出入りしています。しつこく勧誘してくる&パラソルなどの金額が、人によって違うとの報告がありますので気をつけて下さい。

 

海水浴期間中は、駐車場も多くなります。早いところは朝6時前から開始しています。

金額は海から少し遠くて1日500円~近くて2000円くらいです。

※ケーズルームの駐車場はチェックイン前朝7時~チェックアウト後14時まで無料でご利用できます。

毎年、7月には、海の祭典・花火大会が開催されます。

日中は海水浴を楽しみ、夜は海の真上いっぱいに広がる花火をお楽しみ頂けます。

 

また、海ならではの花火大会とあって、他では見られない!海に向かって投げ打つ「海中花火」は必見です!

名物「白浜太鼓」や「フラダンス」などイベント満載で遊べる1日となっています♪

 

豆州白浜太鼓

豆州白浜太鼓は、白浜を代表する和太鼓を演奏するチームです。毎年開催される「太鼓のつどい」や「白浜海の祭典」の他、5月に開催される黒船祭りや10月の白浜神社例大祭でも演奏を聴くことができます。

​チームメンバーの方々が、白浜の子供たちにも毎週太鼓を教えてくれていて、小さな頃から白浜っ子達は伝統に触れる機会を頂けています。圧巻の演奏を是非一度見ていただけると嬉しいです。

 

Sponsored Links

白浜神社

伊豆最古の神社「白浜神社」は、ケーズルームから約800メートル。歩いて10分位になります。

その歴史は2400年以上!

 

主神は伊古奈比咩命(イコナヒメノミコト・縁結びと子授けの神様)と三島大神(商業と漁業の神様)です。

 

10月には、例大祭が行われます。無形文化財の三番叟は代々受け継がれてきた伝統芸能です。

(例祭写真集は白浜神社HPよりご覧下さい。)

 

火山の神と言われている三島神と奥様・伊古奈比咩命(イコナヒメノミコト)の物語が語り継がれる白浜神社も、伊豆半島ジオサイトの一つでもあります。

 

地域の子供たちの守り神として、初節句や七五三は神社に集まります。

結婚式も執り行われ、歌手の西城秀樹さんも、こちら白浜神社で式を挙げられました。

 

神社の裏手にある白浜海岸には、海を見守るように鳥居が立っています。

 

伊豆白浜サーフィン情報

伊豆白浜ビーチはサーフィンのメッカとしても知られています。

ケーズルームには、1年中サーフィンやボディボードを楽しむ方が大勢いらっしゃいます。

 

冬でも海に入るんですか?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、サーファーにとっては夏の混雑シーズンよりも、冬の空いている時のほうが思いっきりサーフィンを楽しめるとあって、真冬の2月・3月も海を満喫しています。

 

特に伊豆の海は、他のエリアよりも水温も高く、何といっても美しい!と、毎週のように下田の海へお越しになる方も多いです。冬でも強制的に塩水で鼻うがいをしている理由からか?サーファーは風邪をひかない!と言われたりもしています。

 

夏休み中は、遊泳エリアとサーフィンエリアに分かれます。エリア規制の時間は朝8時~17時までなので、早朝や夕方を狙うとよいと思います。

 

ビーチ前にある、サーフショップ白浜マリーナさんでは、サーフボードやウェットスーツなどのレンタルもあるので、まずは体験してみよう!という方いらっしゃいましたら是非オススメです。

サーフィン初心者向けの、サーフィンスクール以外にも、ステップアップレッスン・スタンドアップパドルボードレッスンも行われています。

 

私も少しサーフィンを楽しんだりしますが、下田には他にもサーフィンを楽しめるスポットが点在しています。ポイントの向きが違う場所を、風の向きやうねりの状態で、日によって変えられるので、下田でサーフィンを楽しむ方が多いのも納得です。

 

ビジターが一番多いのは、多々戸浜でしょうか?

駐車場も広めにあり、すぐビーチが見えるので、ウェットのままで行くことも可能です。

ローカルサーファーも多いので、ルールはしっかり守りましょう。

 

入田浜は多々戸浜の隣にあります。南国ムードあふれるビーチは、ちょっと伊豆の海に慣れたビジターサーファーが集まります。

 

吉佐美大浜は、このあたりのサーフィンスポットとしては、比較的上級者が集まるポイントです。毎年9月に開催される「ビッグシャワー」イベントの場所でもあります。

 

無料波情報 | サーフィン&波情報 なみある

 

 

《多々戸浜》

《入田浜》

《吉佐美大浜》

 〒415-0012 静岡県下田市白浜2583-2

 [予約・問い合わせ] 0558-22-7573 

  [E-Mail] ksroom_sh@ybb.ne.jp

Copyright © 2019 Ksroom Shirahama All Rights Reserved.